いろいろ起きるなぁ…

2019-02-16

 関西広域連合議会の全員協議会当日、電車の時は8時過ぎ、そんなに早くはない…と安どしていた。なのに・・・
 早朝2時、主人が店の鍵が開かない、折れた…という。見ると入り口サッシの鍵が、なんと折れてしまって、どこからも入ることができない。困った。どうしようもない。ドライバーを持ち出しても、中で折れた部分が詰まってしまっているのでどうにもならない。南京錠なら、千枚通しで開けることを競い合った時があったがこの手のカギはどうしようもない。明るくなるのを待って、サッシやさんにお願いするしかないのか…

 長男も来てくれた。ガタガタやりながら約1時間。鍵の部分を引きちぎる形でようやく開けることができた。私達だけでは、これでは泥棒に入ることもできない。いつもより約1時間遅れで作業が進み、辛うじて配達に間に合ったのだが,この2月、車は壊れるし鍵は壊れるし…こののち何が壊れるのか・・・ちょっと心配、毎日気をつけて暮らさなければと思っている。

驚き

2019-02-14

 水泳期待の星である池江選手が、白血病と診断されたニュースが、大きな驚きとともに駆け巡った。いつも大会新、日本新を連発する彼女の活躍に、大興奮してきた私。ガーンと頭をぷっつけた様な気がした。18歳という年齢、孫娘と同じ年齢で、これだけの気力体力ともに兼ね備えてきた彼女の活躍は、わがことのようにうれしく感じてきただけに、何とも言葉を失う事態。

 白血病。多くの知る人がこの血液のがんに苦しんできた。同級生にも、親戚にも。。。夢多い盛りの時代をむしばんでいく。
しかし、私の住む田舎においても、この病気が完治した人が出てきた。医学の大いなる進歩。絶対治ると信じて病に向かう姿勢の強い人に効果が働くと信じている。彼女は強い。悲しみを抑えて気丈に心情を報告する素直な姿。どうぞ神様、いい効果が得られますように、祈るばかりです。

 各学区の連合自治会が、新旧役員引継ぎを兼ねて順次開催される。近づく選挙とともにいよいよあわただしくなってきた。選挙とは戦い、心の内側が透けるようで怖い。出馬予定の皆さんは、気持ちを強く持って頑張ってください。

勧学祭

2019-02-11

 寒ーい一日、建国記念日。毎年この辺りは冷え冷えとして雪の中に埋まっていた。然し、本年は積雪らしきものがない。除雪隊の我が家の息子も、トラクターの出番なく、このまま春になるのか?…と気をもんでいる。長期使っていないのでバッテリーを常に気にしなければならない。

 昨日は我が町内の勧学祭。小学校へこの春入学する子が何人いるか知らないけど、その家族の方々が、「さむー」と襟を立てながら帰ってこられた。夕食時、家族でその話をしていると、「そうだそうだ。勧学祭は拝殿に雪が舞い込んですーごく寒かった。うちの子はみんなこの日が宮参りで…」と昔話に花が咲く。田舎のこと、近々に生まれた赤ちゃんが御姑さんに抱っこしてもらい神主さんにおつむをなでてもらう、無病息災健やかな成長を願う儀式、

 ちらちらと落ちる雪を窓にしながら、ふと20年ほど昔の光景を思い浮かべた2月11日であります。

豚コレラ

2019-02-08

 テレビも新聞も豚コレラの拡大を大きく報道している。岐阜県で発生していたことは知らされてきたが、愛知県の養豚場から子豚出荷に乗って長野や滋賀、大阪と広がり約8000頭が殺処分になった。滋賀県においても子豚の買い付けと一緒に豚コレラが入り込んだとみられている。

 私は田舎育ち、戦後の食糧不足の時、各家で豚を飼い、その糞尿を肥料にし、肥育豚として農家経済に大きく貢献してくれた豚。子供だった私ても、当時、豚の病気にトンコロリ?(そう言っていたように思う。)・・・が恐ろしいという事は聞かされていた。殺処分される豚さんは、5府県で3万頭を超えるという。当然ながら豚に落ち度はない被害者なのに…。蔓延を防ぐため元気な豚さんまでも殺してしまう。むごいことを・・・と思。

 疑問に思うこともある。野放しになっているイノシシはどうする。走り回っているイノシシによって、県境の山を越え拡散するのではないか、また、いまどのようにされているのか知らないが、肥料として田畑に撒いていた過去のことを思うと、拡大の危険性はとめどない。それにしても…あのビービーと甲高く鳴く声が、いまさらのように思い出され、より以上に可哀そうに思う。とともに、ご苦労いただい職員さんに同情するばかりだ。どこかで早く根切れしてほしいと心から願う。
。、

それにしても、超特大

2019-02-07

 何回も書いてきましたが、今年の大根の太さ、何とも早や大きすぎてとても片手で持てるものでない。春が近づくにつれて、残菜の処分が気になりだした。飼い始めた鶏だってたったの10羽、そんなに食べてはくれない。何しろ1本が2~3Kgある。

 田舎の行事食として、1月13日の御七夜には、大根つきと白菜の煮物が字中の参拝者に振舞われてきたが、今年からその行事もなくなってしまった。我が家でも、大根つきを今年はまだ食べていないことを思い出し、畑から引き抜いてきた。お揚げさんと煮ながら、そうだ、干し大根にしよう…と思い立ち、つくつく…

 大きな大きな大根、4つ割りにして悪戦苦闘・・・6本ばかりをつき上げた。網皿に5枚広げて、いい具合にお日様が出たが、いまいち冷たい風が足りない。農産加工で先輩の話を聞いてきたが、人によって乾燥具合が違って、だれだれさんが作った干し大根がおいしい…と名人芸を披露していただいた事を思い出す。冷たーい風の吹きすさぶ中での干し天日干しが望ましいのだが、今日はそこまでの風は吹かなかった。明日からの冷たい風に期待したい。

 人が来られると彦根の財政事情が話題となる。夕張のようになるのでないか、改選で我が地域は新人さんばかりになる。今までの要望事項が前進していない中で、この先どうなるんだろう…不安ばかりが口をつく。彦根新年度予算、450億? まじで…? 大根の超特大とはわけが違うのに。

初玉

2019-02-06

 半月ぐらい前に飼育し始めた鶏が、3個も卵を産んだ。120日びなという事だったが、3月を待たずして初玉となった。鶏…たかが鶏なんだけど、飼ってみると可愛いものだ。クォークォーと玉鳴きをしたり、砂浴びをしたり、温かければのどかなものです。かつてはこんな光景は田舎ならどこででも見られました。

 放し飼いの鶏ならばこそののどかさであると感じています。以前、パタリーで飼育していた頃、隣の小さな男の子の目の前で、卵がころころと転がって産み落とされた。その子の手にそっと卵を乗せてやった。あたたかく手にしっとりとへばりつく感じ…その子は眼を丸くして「うわぁ…」と声を上げた。

 その後こんなこともあった。卵を温めるとヒヨコが生まれる・・・ということがわかってから、小屋の奥で卵を抱えてじっと座り込んでいた…と可愛い笑い話。今彼は立派なお爺ちゃんになって、里帰りした孫と散歩している。我が家に鶏がいることがわかったら、二人してコッコさんに面会に来るかも…。
豚コレラが滋賀に出た…と知らせが入りました。岐阜では猪もり患しているとの情報も、えらいことになりそうです。

小漆間さんとの想い出

2019-02-04

 2月に入ってもう四日、ずつとブログがご無沙汰になっていた。会合や予期せぬ出来事が重なって、パソコンに向かえていなかつたのだが、・・・
さぼり癖は全くダメ。よく父が言っていた。ババ臭いのは洗えば匂いが取れるけど、面倒臭いのは洗ってもとれん。…と、反省しきりだ。

 昨夕から今朝にかけて、電話やメールで訃報が入ってきた。能登川の小漆間工業の社長さんが事故で…とのこと。2日、道路に融雪剤散布中にはねられて意識不明とは聞いていたが、そのまま亡くなったという。
元気のいい社長さんだった。いつもいつも張りのある声でニコニコしながら、「選挙とはなぁ…」と選挙の手ほどきをしていただいた。私の叔母が、新宮西にご縁があったことから、私が選挙に向かうについて手取り足取り…心から感謝しています。細い体に何時もみなぎるパワー。耳元から消えることはありません。自民党の政経パーティにもいつもご無理をお願いしていました。本当にいろいろお世話になりました。心からご冥福をお祈り申し上げます。

 事故はほんの少しの偶然が避けられなかった時に起こります。10センチ、ほんの数センチでも避けられたら、けがで済んだかもしれないのに、…我が家でも最近車が一台ダメになってしまいました。けがもなく命拾いです。これはもう、「お陰様で守っていただけた…」と手を合わすばかりです。動かざるを得ない毎日の暮らしの中で、細心の注意を払い、いつも守られていることに感謝しながら後期高齢者の批判を辛く感じながらも、頑張っていきたいと思います。
 

朝から雨

2019-01-31

 油揚げを作る日は朝が早い。日の変わる頃先ず主人が起き出す。半時間ぐらいして私のケータイに呼び出しがかかる。仕事にかかってまず1時間、豆乳を型に治めてから固まる間、私はまた家に…布団の中にもぐって約1時間。次の呼び出しがかかって今度は絹豆腐の整形とパック詰め。

 次に油揚用の豆乳を型に入れて1時間。もう一度布団に戻る。時計は2時を回ったところ…おや、早くもまた雨が降ってきた。
3時過ぎ、3度目の呼び出しが鳴る。次の出番は、固まった上げ用の豆腐を薄い長方形に切りそろえていく。冷たい水の中で…ざっと220枚、板に並べて水きり…  私の仕事はここまで、その頃中日新聞と毎日新聞、農業新聞、近江同盟・・・・と、届いた新聞に目を通す。毎日の配達員さんは、元気良く入り口を開けて「おはようございます。!」と声をかけてくださる。、

 豆腐の水切りが終わるまで30分程度、足湯器に足をつけ、新聞を広げる。私はこの時間に毎日の「朝から数独」をするのが楽しみで、この時間内にすっと解けると、今日一日が何事もうまくいくようなげんを担ぐ。

 豆腐屋なんて早朝から、さほどの稼ぎでもないのに…と思わるだろうが、さほどの稼ぎでないからこそ、年寄りの健康法、ささやかな充実感を覚えている。雨がじゃあじゃあと降ってきた。もうすぐ節分というのに・・・・日中は確定申告の帳簿整理に手を付けた。

感謝

2019-01-30

 朝は普通に起きた。昨夜の報告会の後、お腹が空いていたのでがつがつ、お風呂も済ませて布団に潜り込んだのだが、…いつになく布団が温かい。温めておいてくれたらしい。やれ、ありがたや…とすぐに眠れると思っていた。ところが…首の辺りから顎にかけてずきんずきんと気になりだした。やばい!

 ほどなく起き出す時間となって作業開始、起きていると気がまぎれるのか さほど痛みは感じない。朝食はお雑煮にして流し込む。その後、またじわじわと気になりだした。明るくなるのを待つて鶏と面会、元気だね…よかった。…そのまま動き出せばよかったのに、もう少し明るくなるまでと布団に潜り込んだのがいけなかった、病は気から…今日の日程は入っていない。ずるこけてお昼も抜きで潜っていた。

 午後、恐る恐る事務所に…夕刻になって今日から休みに入っている高3の孫娘が、「やわらかいものを…」とプリンを持って来てくれた。今、お母さんと今晩のおかず買いに行ったの…「やわらかいものをね」と優しい言葉をかけてくれた。私のずぼらで怠けこんでいたのに…「ありがとう」明日からまた、頑張るね・・・。

県政報告会

2019-01-29

 何時からだろうか、月に一度県政報告会を、彦根と多賀で開いてきた。私が開く…でなく、県での話題を聞かせて…という声にこたえて開催してきたもの。
日の経つのは誠に早い、毎月毎月、もう報告会? と思うほど早かった。約1時間話すとなると、まとめることが必要…、

 正直言って大変だった。口から出まかせでは申し訳ない。しっかり事実を確認しなければならない。ノートにメモを執っていたものをもう一度見直し、パソコンを打つ。新聞の切り抜きを集めてメモを取る。‥‥でも、この作業が必要だったからこそ、今日までやってこられたと思っている。下手なだらだら話にずっと付き合っていただいたみなさん、本当にありがとうございました。意見交換会でいただいたご意見、質問に大いに参考にさせていたただ来ました。残り少なくなった報告会、一月例会も心込めて努めようと思っています。

 さしずめ今晩は、昨日の会派と三日月知事の政策協議会での話題が中心になるでしょう。その中には例の「幻の安土城復元プロジェクト事業。」日本の歴史に大きなウエイトの信長・・・皆さんどんな反応を示されるか楽しみです。

« Older Entries
Copyright(c) 2011 nishimura-hisako.net All Rights Reserved.