突然、ガタッ! ドドーッ…

2018-06-18

8時前、突然強烈なドン!
携帯が「地震です、地震です…!」来たっ!…と明治の建物内の隠居から窓際に…2度どしんどしんと縦揺れを感じた。縁側の窓は空いたが、瓦屋根が気になった、でも、手にはなんにも持にっていない。まさかの時には持ち出すものと、少しの心構えをしておくものの、とっさには体を外に出すだけで精いっぱい。
 
 恐る恐る部屋に戻ってテレビのスイッチを入れた。地震発生時の緊急放送が延々と続いている。時間が経って、通学途中の女の子が倒れたブロック塀の下敷きとなって死亡したり、他にも…震源は大阪北部。携帯は不通…

 事務所に出てonしたテレビは、ずっと地震… 隣のご主人が、一人暮らしの年配女性に、声をかけて、「電話が鳴っていますよ、心配して子供さんがかけておられるのかもしれません、大丈夫と言ってあげて・・・」
助け合いネットワーク、私の周りでは動いた…。畑で今朝収穫のモロッコインゲンをもって、誰もいないけどケータイラジオのなっている側においておいた。しばらくして、黄色いお花をもって、「いただいたの久子さん、おおきに、こわかったなぁ・・・」元気に顔を出してくださった。

知事選どころでなくなった。どうぞ、大きな被害が出ませんように・・・。

創立50周年記念大会

2018-06-16

 前身「稲枝町」が彦根市に合併して50周年になる。それと同じくして、稲枝地区社会福祉協議会を立ち上げ50年の歴史を重ねてきた。本日はその記念大会。今日まで地域の社会福祉にご貢献いただいた方々を表彰し、感謝の意を表した。稲枝地区住民福祉活動計画を策定し、稲枝の頭文字をとって、「いつも なごやかに 笑顔で触れあう稲枝頭文字」を活動理念に、人と人とがつながりあって、誰もが安心して暮らせるまちを目指して、各町が知恵を出し合ってきました。

 今日まで小地域福祉活動として互いの自治会で切磋琢磨し、交流会を通じて安心して住めるまちづくりに取り組んできました。自分のことだけでない、地域に住む人々に目を向けることは、大変重要なことと思います。

 他人を思いやり、お互いを支え助け合おうとする気持ち、これすなわち福祉の基本であります。自らも高齢域に入り、何が可能性として残っているか疑問でありますが、どこかで誰かの役に立てれば、…みんながこんな気持ちで暮らせればいいと思います。
社協会長様が体調不良で欠席のため。急きょ代役の大会でしたが、皆さんの協力で盛会裏に終えることができ、ほっとしています。

認知症検査

2018-06-15

今回で2回目となる運転免許高齢者講習。部がしーんとして緊張いっぱい。やばいな・・・。試験官がゆっくりはっきり説明される。補佐する人が他に2人、合図があるまでペーパーをめくるな、鉛筆を持つな…次第に押し込められるような雰囲気。

 それでも、鉛筆に手をかける人がいる。「触らないで、まだ…「」こんなところで注意されたら、それだけで参ってしまいそう…。内容はごく簡単な質問だけれど、この雰囲気が、飲み込みを悪くしそう…。

議会でも、自発的に高齢者講習の機会を増やして…と質問したこともあるが、確実に年齢を重ねるほど目から脳への伝達が時間がかかる。
前回3年前は、一日で乗車指導まで済んでしまったが、今回は受験者が多くて後日という。指定された日が都合つかないときは調整。私も仕方なく日程調整のつ一人…だが、こちらの言う日に合わせてください。そうでないと7月8月になってしまいます…。わかるけれど、仕方ないです。…。

事故も多い。高齢ドライバーがそれだけ増えたという事だろう。自動車学校が満員状態だ。

足を止めただけ…

2018-06-14

 選挙戦も中盤、…いよいよ盛り上がってきました…ならいいんだけれど、相手の姿も声も全然聞こえない中で、こちらも同じ思いは有権者に与えているのだろう。
選対会議の反省の中で、石山駅での個人演説会、聴衆200人…これで多く集めたといえるのか、石山駅という場所でありながら、この数は、たまたま駅利用者が足を止めただけではないか、支援するものがどれだけ声をかけて来てもらったという数字ではない。気持ちを引き締めて声掛けをフル稼働すべきだ…。厳しい檄が飛んだ。

 支援者の一人がわざわざ県庁まで訪ねてきてくれた。多賀水谷の出身者で、芹谷ダムが中止になった件以来のお付き合い。思い出を語り合いながらも、滋賀から呼びかけてストップをかけたダム。今度は滋賀から呼びかけて建設に向けて進むよう同意を求めてほしい…言い出しは滋賀県。三日月知事の弁舌に期待…。そうですね。説得力は大いに期待でき、頑張ってほしい。ダム中止に苦しめられた人々は、やはり無関心ではいられないのです。

お客様サービス

2018-06-13

 朝、行き付けの美容院に電話…でも出ない。当たり前でしょ、どこに6時ごろ店が開いていのる・・・自分に言い聞かせながら、それでも7時半ごろ家を出て店の前で待つことに。
「午前中しかないの、パーマ、できますか? 」  「9時に来てください…」
予約制なのに突如の割り込みを頼んだ。2カ月ぶりかな、頭髪を巻き終えたところで「何がいいですか?」「えっ?」  驚く私にカプチーノのサービス。よそでもこんなサービスあるのだろうか。予約されていたお客さんとはごく親しい。積もる話をいっぱいして、そしてコーヒーいただくなんて…。

 農協へ行った。手持ちの財布がすっからかん、出金して帰ろうとすると、「今日はお客様サービスデーです。」と撫でしこのポットをいただく、「お金 預けたんじゃないよ、出したんだから・・・」という私に、「いつもありがとうございます。」
 そして、夕方事務所に戻ると、また同じ撫でしこが… 主人が同様、もらってきたらしい。事務所の前に小さな鉢を2鉢、今日は何か得した気分…。朝はじゃあじゃあ降りだったっのに、からっとしたいいお天気の一日でした。、

米朝首脳会談

2018-06-12

 和平なるか?…世界中が見守る中で米朝首脳会談が開かれた。今日のニュースはそればっかり。政治のよくわからない私達でさへも、今日までの北朝鮮のイメージから。暴君と見ている金正恩。ミサイルをばんばん発射し、核開発で実験を繰り返し、周辺諸国、特に日本には「見とれ!」・・・とばかりに威圧し続けてきた。今の時代になんてことしてるんだ…と見てきたが、北朝鮮の人々の暮らしぶりが少しづつわかってくると、かわいそうに…と民間の人々に同情が集まった。

 脱北した人たちの証言は、実に凄惨だった。単純に、やせ細った人々とぶくぶく太った大ポスと…自分の叔父や弟までも殺してしまう独裁者に、今日のにこにこは一体どうした心境の変化なのか…
信じがたいことであるが、此処で平穏な世界に戻れるのなら大歓迎するべきだろう。
日本とは拉致問題が未解決のままで残っている。テレビの画面はにこにこしているが、冷たい氷の仮面であろうか・・・みんなが進展に注目していよう。

 トランプ大統領と急遽会談に臨んだ安倍総理、気が気ではなかろうが、何と言われようと、今その代わりをできる人はいない.週刊誌にはとてもひどいこと書いているけど、日本人として無事帰ってこられるよう成功を祈るべきだろう。報道はまだまだ続く・・・

大丈夫?

2018-06-09

 風邪かな?  昨夕早々と寝込んでしまった主人、「寒い」と布団をかぶっている。38度8分‥・こりゃダメだ。タオルを濡らし額に当てる。解熱剤、卵湯…でも呼吸が荒い。心配だ。10時過ぎまで冷やし続けた。呼吸が少し落ち着いてきた。

 そのまま寝てしまった私だったが、気がつくと11時過ぎ、主人が起き出して仕事場に行った。へぇー? 時間間違えている…と思ったが、聞く人でない。…に惹かれて豆腐製造にかかった。「お父さん、時間間違えているよ」と 言っても頓着なし…ま、いいか、熱が下がっているのなら…。 仕込みを終わって部屋に戻った時目覚ましが鳴った。12時半、もぅ・・・・・
夕方から寝込んだ主人は、体内時計が狂ったまま、今日は午前中、11時ごろからお昼寝タイムに入っていました。

 本当に風邪一つひかなかった人が何年かぶりに寝込むと、こんなに変になってしまうのか…。おじいちゃん子の末孫が、「おじいちゃん、ちょっとだけ賢かったんやね…」ですって、あほは風邪ひかん…口癖のおじいちゃんでしたから。

11日、彦根商工会議所にて午後7時より三日月大造個人演説会を開きます。何を訴えようか…しかし、文章を持って行っても、見えづらくなってきましたので…心配です。

風邪?

2018-06-08

この冬も風邪ひかなかった主人が、なんか元気がない。ぐしゅぐしゅ言っている。風邪かな? ??? 自分で言っているのだから、気分がすぐれないのだろう。少し熱っぽいのだが、晩酌はやめないで来ていた。ところが、今日、夕方より「寝る…」と言って引っ込んでしまった。「お夕飯は?」と聞くと、起きるかどうかわからない・・・いう。元気なときには、お酒控えてほしいな…とどれだけ思ってきたことか、しかし、飲まずに寝るのが現実となると、これは心配だ。飲んでほしいとは思わないが…

 6日に入梅して昨日が梅雨の中休み…そして本日梅雨の戻り。その後ぐずついて台風の接近・・・近年今どきに台風が来る。とんでもないことだ。知事選挙個人演説会が、彦根市においては11日が予定されているが、台風にどうやらぶち当たりそうだ。もしそうなったら、…・・選挙相場でなくなる。私達にとっては、三日月知事が治水政策の見直しに関心を持ってくれたことには賛意だが、それまでに災害が起きてしまってはどう仕様もない。いろいろな心配をしながら、ビラを配る。「何時もご苦労さんやね…」声をかけていただくと傷んだ腰が少し楽に感じる。三日月再選に向けて、ひたすら頑張るのみ。これ以上滋賀の前途を狂わせることがあってはならないから…

 

滋賀県知事選挙始まる…

2018-06-07

 滋賀県知事には三日月大造、続けて知事には三日月大造・・・さらなる健康滋賀を目指して一緒に頑張ろう…!

前回の知事選挙にはいろいろあった。しかし、この4年間、三日月知事は、県民の声を聴きとめて、とくに災害の防止に向けて、いろいろと約束してくれた。それがしっかり履行されるか、見守っていく責任がある。、対立の過去を切り捨て、新しい豊かさを求め、健康滋賀をさらに推進していこう…  三日月大造氏を力併せて応援し、滋賀の繁栄を勝ち取ろう…!

訃報

2018-06-05

 上野賢一郎代議士のお父様が亡くなった。この冬辺りから、電話にも声が聞かれなくなって、寝たきりになっておられたご様子。相当なお年であっただろうと思う。
上野さんが最初参議院に出られたころ。お出会いしたことがある。それから、衆議院、そして選挙区を、二区から一区へ、そしてもう一度二区へ…そうそう知事選挙もあった。

 安定した公務員生活から、国政に意欲を燃やし、落選。その度に大学講師等で暮らしをつなぎながらどこまでも国政に…
 どれほど心配されてきたことだろう。…もう政治はいい、早く孫を抱かせてほしい…とこぼしておられたとも聞く。当選されるたびに、「ありがとうございます・・・」。お耳が随分遠くて、介添えを交えながらも、忘れずに電話でお話しいただいていた。

 今、やっと財務副大臣、…ここも渦中の財務省だ。心配したらきりがなく、親としてはハラハラし通しだっただろう。しかし、やっと、国会議員として定着してきた。そして、待望の赤ちゃんが50歳になられてから男の子と女の子… 喜ばれたことだろう。ほっとした思い。やっと安堵していただけたことだろう。親ならだれもそうだろうけれど、人生のおしまいに安堵を得られたことは、心配の年々を知る者にとって少しの安らぎを感じます。ご冥福をお祈り申し上げます。

« Older Entries
Copyright(c) 2011 nishimura-hisako.net All Rights Reserved.