今年の冬

 思いのほか寒さが厳しかった。年をとったなぁ…とつくづく感じた。手足の動きがてんで話にならない。
足腰の弱まりに加えて、手先が早く動いてくれない。パソコンを打つのがついつい遠ざかる。視力も落ちた。メガネを張り込んでいいのをあつらえたけれど、まだその後劣化しているようだ。

 年が変わって所得税申告のための帳簿整理を始めた。拡大鏡を頼りにしながら、一つ一つ打ち込んで…やっと纏めることができたのだけれど、ほとんど儲けになっていない。年寄り二人のボケ防止、社会奉仕と思えばそれまでだが、こんな調子で、来年の集計ができるかどうか、甚だ不安になってきた。主人は、私の声が小さいという、私は、主人の耳が遠くなったと感じているのだが、お互い様だろう。定年を超えてから始めた豆腐製造業、果たしていつまで続けられるか…ただ、喜んでくれる人がある・・・というだけの喜びで、できる限り頑張りたいと思っている。