昭和20年8月

 昭和20年、私の数え3歳、京都大学病院に通っていた、母に連れらて…同じころ、同じように病院に通っていた親子がいた。お互いに励まし合って子どもの回復を願っていたのだと思う。

 8月初め、その子のお母さんが、「厳しくなったから郷に帰ろう・・・と思う。」と、・そしておにぎりを分け合って食べた。「郷はどこ? 」「広島」そして別れた。その後再びその親子とは会うことがなかった。ピカドンが落ちたのは8月6日。そのまま広島に帰っていたら…

 8月が巡ってくると毎年この話を思い出す。広島の平和公園内の記念館に行っても、数々の写真を見るたびに、「こんな状態じゃ逃げられるわけないよ…」と思う。誰がどんな死に方をするか、当時から見れば゛、生きながらえられる軌跡なんて満分の一もない。同じ一生だったのに…と思うと、その人たちの分も我々は生きて復興に務めなければ・・・と思う。・・最近起き続けている数々の犯罪、、戦争中はそんなことで命を落とすことなんて考っ得られなかった。。今は平和だ。人の命も自分の命も、もっと大切に生きてほしいと願う。