豚コレラ

2019-02-08

 テレビも新聞も豚コレラの拡大を大きく報道している。岐阜県で発生していたことは知らされてきたが、愛知県の養豚場から子豚出荷に乗って長野や滋賀、大阪と広がり約8000頭が殺処分になった。滋賀県においても子豚の買い付けと一緒に豚コレラが入り込んだとみられている。

 私は田舎育ち、戦後の食糧不足の時、各家で豚を飼い、その糞尿を肥料にし、肥育豚として農家経済に大きく貢献してくれた豚。子供だった私ても、当時、豚の病気にトンコロリ?(そう言っていたように思う。)・・・が恐ろしいという事は聞かされていた。殺処分される豚さんは、5府県で3万頭を超えるという。当然ながら豚に落ち度はない被害者なのに…。蔓延を防ぐため元気な豚さんまでも殺してしまう。むごいことを・・・と思。

 疑問に思うこともある。野放しになっているイノシシはどうする。走り回っているイノシシによって、県境の山を越え拡散するのではないか、また、いまどのようにされているのか知らないが、肥料として田畑に撒いていた過去のことを思うと、拡大の危険性はとめどない。それにしても…あのビービーと甲高く鳴く声が、いまさらのように思い出され、より以上に可哀そうに思う。とともに、ご苦労いただい職員さんに同情するばかりだ。どこかで早く根切れしてほしいと心から願う。
。、

Copyright(c) 2011 nishimura-hisako.net All Rights Reserved.
<