ひょうたん

2018-02-21

来年、全国ひょうたんを愛されている方々が滋賀県で全国大会を開こうと計画しておられる。近在にその会長さんがおられて打ち合わせに同席した。その工房には大小様々色とりどり、形まちまちのひょうたんが、所せまし…と並んでいる。旋盤のような機械や、ドリル、色付け、ありとあらゆる専門的工具がならんて、さすが~ ・・・

 地元の小学生は。毎年ご指導いただいて、ひょうたんの栽培から中の種だし、絵付け…と文化祭出店に向けて頑張って製作している。工房いっぱいの作品は誠に圧巻。「もうすぐ大会があるので、皆さん製作に来られている。今日は休みだからゆっくりして行って…」と快く対応していただいた。

 そういえば10年余前、小学に入ったばかりの孫が、「今日はきれいな女の人にあったの…」と帰って話していた。あとで知ったことだが、彦根で開催されたその大会に、秋篠宮妃の貴子様がお越しになっていたとか…そりゃ、おきれいだったでしょう。家では、そんなことわかっていたら、もうちっといい服着せていったのに…と。懐かしい思い出話、紹介してきました。

Copyright(c) 2011 nishimura-hisako.net All Rights Reserved.
<